懐かしのフィルム写真を再現!Lightroom用VSCO Filmの使い方

どうも。

LightroomにVSCO Film Essentialsっていうプリセットを入れてます。
これを使うとフィルムっぽい写真を簡単に再現できます。

スポンサーリンク

説明します

LightroomっていうAdobeの写真編集ソフトがあるんですが、
これにVSCOってのを入れてちょちょいっていじると、簡単にフィルム風のイイ感じの写真になります。

どうしてフィルム風にするのか

人によって好みはあると思いますが、
自分はどこか懐かしい感じのする写真が好きです。

だったらフィルムカメラで撮るのが一番なんですが、
圧倒的にデジタルカメラの方が便利だし、
フィルム代も現像代もかからないです。

デジタルとアナログのハイブリッド。
これが21世紀です。

VSCO Filmを入手する

https://vsco.co/store←まずココに行きます。

VSCO Film購入ページ

好きなのを選んでください。

自分は左上のVSCO Film Essentialsを選びました。
理由は他の7つのプリセットのベスト盤的な位置づけだからです。

ちなみに$59高っけーって思うかもしれませんが、
ついこの間まで$120でしたからね。
半額ですよ。買いです。

こちらで詳しい購入方法を書いてくれてます。謝謝。

VSCO Filmの使い方

インストールすると

Lightroomのプリセット

LightroomのプリセットのところにVSCO Filmの項目が追加されています。
VSCO Film FEのところに色んな設定が入ってますので、適当に試してみるだけで面白いです。
お気に入りを見つけましょう。

画面右下のカメラキャリブレーションのところを見ると、プロファイルが適用されています。

LightroomのデフォルトではAdobe Standardが適用されていますが、ちょっと残念な色なので、ぜひともここはAdobe Standard以外のプロファイルを選ぶことをおすすめします。

作例

↑何も加工していない、ただ松ぼっくりを乗せられただけの犬が…。

↑優しい感じになりました。

↑ただの風呂上りのヨーグルが…。

↑最高にクールなドリンクになりました。

まとめ

レタッチの方法は人それぞれあると思います。

優しい感じにしたいときはコレ、
クールな感じにしたいときはコレ、
みたいに使い分けています。

今回ご紹介したVSCO Film Essentialsで自分がよく使う設定は、

  • 400H
  • Fuji Provia 400X
  • Kodak Gold 200
  • Kodak Portra 400 UC
  • Kodak Portra 800 UC
  • Portra 160

これぐらいです。
他のは使用頻度あんまり多くないです。
あと、Toolkitもあわせて使ってます。

今度、僕の設定や現像方法を紹介できたらしたいと思います。
VSCO filmでオススメのよく使う設定と現像の流れの記事を書いたので、参考にしてみてください。

どうも。 普段、VSCO Essentialsでよく使う設定を紹介します。 Kodak Portra 800 ↑これが ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク