僕の愛するコンデジのリコーGRと一眼レフのニコンD7100を比較してみた

どうも。

最強のスナップカメラとの呼び声も高いリコーのGRと、一眼レフのニコンD7100を比較してみました。

スポンサーリンク

なぜ、この2機種?

同じAPS-Cサイズのイメージセンサーを積んでおり、2つともローパスフィルターレスだからです。あと思いつきです。

リコーGR。

ニコンD7100。

リコーGR vs ニコンD7100

●リコーGRは18.3mm、F2.8の単焦点レンズがついてます。APS-Cにすると28mmになります。

●ニコンで18mmくらいの単焦点レンズなんか持ってないので、今回は35mm、F1.8のレンズをつけました。

●リコーGRは47mmにクロップして(あくまでクロップ)、ニコンの35mm(APS-Cで52.5mm)と焦点距離を近づけました。

●三脚を使い、セルフタイマー2秒で撮っています。

●加工なし。

●レンズ性能の違いもあるので、あくまで参考程度にしてください。

絞り(F値)による変化

F2.8で撮影。上がD7100、下がGR。

F4。

F8。

F13。

アップで。F2.8。上がD7100、下がGR。

F4。

F8。

F13。

GRの方が広角レンズ(18.3mm)だからだと思いますが、ボケ量はD7100(35mm)の方が多いですね。

ISO感度による変化

ISO400で撮影。上がD7100、下がGR。(F値はすべてF2.8)

ISO640。

ISO800。

ISO1000。

ISO1600。

ISO3200。

ISO6400。

GRの方は、ISO1600以上になると粗さが目立ってきます。
D7100の方はISO6400までなら使えるかな~と思います。

まとめ

僕はリコーGRを愛してやまないので、今回、かんたんな比較をしてみましたが、やっぱりGRは素晴らしいです。

GRの良さを挙げていったらキリがないので、機会があったら詳しく紹介したいと思います。

リコーGR

  • くっきりシャープ。スナップカメラとしては、これだけの画質があれば問題なし。ただ、もうちょっと高感度に強いとうれしい。

D7100

  • これで必要十分。レンズにお金をかけるべき。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク