毎日ハイボールをガブ飲みするので炭酸水は自作しています。【作り方】

どうも。

毎日ハイボールをガブ飲みするので(嫁が)、我が家では炭酸水を自作しています。

前はペットボトルの炭酸水を買っていたのですが、

  • 1本100円とかバカらしい
  • ペットボトルのゴミが増える
  • 我が家の炭酸水の消費量が激しすぎて追いつかない

という理由で、3年くらい前から手作りしています。

1リットルあたり約3.2円で作れるので圧倒的に安いです。

スポンサーリンク

必要なもの

液化炭酸ガスのボンベ(通称ミドボン)

ビール用のガスです。
酒屋さんとかで普通に買えます。
サイズは5kgあれば十分すぎます。
使い終わったボンベを返却するとボンベ代が返金されます。

レギュレータ(減圧機)

銀色のゴツイかたまり。

これがないとガスの調整ができないため必須。

そのほかのもの

●チューブ(耐圧)とその先端につける器具(ライトカップリングプラグ)


●ペットボトルのふたにつける器具(マイクロカプラソケットと六角ナット)

●ペットボトル(炭酸が入ってたもの)

3年前はこれらのものをモノタロウで注文して自作しましたが、今は便利なセットがあるので、はっきり言ってこれの方が楽だし、値段もたいして変わらないのでオススメ。

↑これさえあれば、あとミドボンに取り付けるだけなので、簡単すぎます。

炭酸水の作り方

我が家の炭酸水の作り方を紹介します。

2リットルのペットボトルに水をいれる。

うちでは浄水器の水を使っているので臭くなくてウマイ。

冷蔵庫で水を冷やす。

冷やした方が炭酸が溶けやすいからです。

炭酸用ペットボトルに水を移します。

750mlのペットボトルを使っています。
このサイズが絶妙で丁度いいです。
サイズが大きすぎても飲みきれないので炭酸抜けます。

満タンまで入れないでこれくらいにします。

ちょっとつぶして空気を出します。

この状態で蓋を閉めます。

こういう状態にします。

蓋にチューブをドッキングします。

ボンベの元栓をひねります。

次にレギュレータの圧を調整します。

レギュレータによって設定できないものもありますが、うちのでは3~3.5くらいに圧を調整します。

3でもけっこう強い炭酸水ができますが、3.3くらいにすると市販のものではあり得ない、超・強炭酸になって喉がはじけます。
一度これに慣れてしまうとその刺激がクセになります。

逆さにして振ります。

とにかく振ります。

この時、二の腕を意識すると、引き締め効果がある気がしています。

手を変えてさらに振ります。
なぜなら、両腕を均等に鍛えた方が良いからです。

泡がでなくなったら完了です。(大体1分くらい)

出来上がりです。

ハイボールの作り方

まず、氷を入れたグラスにウィスキーを注ぎます。

炭酸水を投入します。

超・強炭酸のハイボールが出来上がります。

うちでは、仕上げにかぼす100%の果汁をアクセントに加えます。

以上です。

まとめ

我が家では、ハイボールの他に、ジュース代わりにかぼす+炭酸水(通称カボスカッシュ)を飲んだり、ワインに炭酸を投入して飲んだりして楽しんでいます。

1回道具を揃えてしまえば、簡単に壊れるものでもないと思し、5㎏のミドボンで1年は余裕でもつと思うので、経済的すぎます。

ハイボールをよく飲む人とか、健康や美容、ダイエットに炭酸を取り入れている人には絶対オススメです。
ウチみたいに、市販の炭酸の刺激に満足できず、超・強炭酸を求めている方にもぜひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク